※本展は2021年12月15日~2022年1月31日に開催した展示のリバイバルです。

※本展は2021年12月15日~2022年1月31日に開催した展示のリバイバルです。

白眞弓(しらまゆみ)

Profile

白眞弓のプロフィール画像
月刊誌の編集者として「そうじゃないでしょう」と発信していた。今は地元の市民活動の周りをうろついている。たまたまそこで出会った友人に誘われて、『怒(do)』 展に参加。
白眞弓の作品

戦争と死刑国家の人殺し

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

白眞弓の作品

重い課題の海の軽石

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

白眞弓の作品

ガッと掘られザアーと海に沈む骨

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

白眞弓の作品

学徒兵ドクロが軍靴履いていく

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

白眞弓の作品

アルプスの集めた水をリニア吸い

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

「蓋をして見なければ、この世は平和だ」という。確かに!ところがその蓋がちゃんと閉まらなくて、見えてしまう。感じてしまう。するとこの世は「怒り」であふれる。 その「怒り」のエネルギーをプラスに変えよう!と若い友は言う。祭り好きの私は、ついおだてに乗って、この体たらくだ。Messengerで話しているうちに、好きで写してきた空と雲の写真に言葉をコラボさせることになった。最後の仕上げは、若い友に協力してもらった。

他の出展者の作品を見る

Aro

error: Content is protected.