※本展は2022年7月4日~2022年8月31日に開催した展示のリバイバルです。

※本展は2022年7月4日~2022年8月31日に開催した展示のリバイバルです。

白眞弓(しらまゆみ)

Profile

19〇✕年生まれ。△●◇◆卒。◎□県在住。専門:特になし

なんとなく、美術、工芸が好き!

ジワジワと旧憲法が目を覚ます

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

キャタピラの下で希望が悲鳴上げ

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

血の涙地球はじっと耐えている

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

歴史が今を今が未来を蹂躙す

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

世界平和いらないものは国だった

※マウスを画像の上に乗せるとその部分が拡大されます

ある日、木の幹のクローズアップ写真を見た。そこに地球、いや宇宙を感じて、私も撮り始めた。スマホで!
若木の瑞々しさ、古木の憂鬱や達観。
樹の生きている部分は、樹皮と木材になる部分の間の樹液が上下する部分だけと知った時の衝撃!更に愛おしくて、幹を抱きしめた。
その写真を色紙代わりに、狂った世界中をお花畑にしたくて575の文字を並べた。若い人に励まされ、助けられて作業。これこそ年寄りの特権であり、世界平和への道だ。

error: Content is protected.